• ホーム
  • 生活の乱れとハゲには強い因果関係がある

生活の乱れとハゲには強い因果関係がある

2020年04月29日

鏡の前でヘアスタイルを整えていたり、髭剃りをしている時など毛量が減って来たと感じることもある、シャンプーした時に洗い場に抜け毛が多く散らばっているなど薄毛の兆候が起きています。そのままにしておくと抜け毛がさらに悪化、ハゲになることもあるので早めに育毛剤を使うなどを検討される人も多いのではないでしょうか。育毛剤と一口に言っても色々な種類があるので、自分にはどのようなものが良いのかを見極めて使うことが大切です。また、ハゲになる要因には睡眠不足・運動不足・ストレスなどの要因も考えられますので、この3つの要因に対して自分がどのような状態であるのかを把握することが重要です。

精神的なストレスが多く加わると、体調にも悪影響を及ぼしますし、ストレスは身体の弱い部分に影響を及ぼしやすいため注意が必要です。髪の毛が生えている頭皮は皮膚の一部分などからも、皮膚が弱い人はストレスが加わると薄毛になることもありますし、脱毛症を生じてしまうケースもあります。ストレスは自律神経のバランスが乱れるのも特徴で、自律神経が乱れると血行不良が生じやすくなるのです。自律神経は血行をコントロールする部分で、強いストレスにより自律神経の乱れや筋肉の緊張により血管の収縮を引き起こしてしまいます。血管が収縮すると血流が減るため、血行不良に繋がります。

血行不良は足先および頭の頭頂部などの体温を下げてしまうもの、体温が下がることで育毛に必要な栄養素が回らなくなります。髪の毛や頭皮は毛細血管が通っている心臓から遠い場所にありますので、栄養素が回らなくなるとハゲの症状を引き起こしやすくしてしまいます。

運動不足や睡眠不足など生活習慣は、ハゲとの因果関係がとても強いものです。抜け毛や薄毛などを引き起こす要因は色々あり、遺伝子的要素もありますし、運動不足や睡眠不足などの生活習慣、食生活など色々なことが複雑に絡み合い、薄毛や抜け毛など表面に現れて来るが特徴です。運動不足の状態では、食事から得たエネルギーを使い切れずに溜めてしまう。これにより肥満の状態を導きます。脂っこいカロリーが高い食事を続けている、運動不足の状態では筋肉は凝り固まりやすくなる、これが原因で血行不良に陥りやすくなってしまうのです。

夜更かしを続けて睡眠不足の状態でもハゲになる可能性が高いのです。寝ている間は自己回復機能によりダメージを受けている頭皮は修復しようとしますが、睡眠不足で十分な睡眠がとれないと修復できずにダメージはさらに悪化してしまう、これによりハゲが生じやすくなると言います。睡眠不足などの生活習慣の乱れは正すことが基本で、乱れを正した上で育毛剤を使いケアすることが効果に繋がって来ます。

秘や不潔も薄毛になる要因の一つです。便秘は排便ができないことを意味するものですが、腸内で悪玉菌が増殖するなどのメカニズムを持つのが便秘の特徴です。便秘になると汚れた血液が全身を巡るようになり、健康な毛髪を育てる力を低下させてしまいます。不潔な状態は頭皮環境を悪くする要因でもあり、毎日シャンプーするなど清潔に保つことが大切です。