鏡を見ている男性
公開履歴
鏡を見る男性

プロペシアは通販で購入可能な医薬品で、主成分はフィナステリドです。一般的にはAGAの専門クリニックで処方を受けることで購入できる処方薬で、個人輸入代行店を利用して安く買うことができます。
薄毛改善の治療費を抑えたいなら通販でプロペシアを買いましょう。

通販で購入可能その理由は何か、疑問に思う人も多いのではないでしょうか。プロペシアは処方薬で厚生労働省が認可を行っている医薬品です。処方においては専門医から処方箋が必要で、調剤薬局の薬剤師からの服薬指導が必須です。通販サイトの場合は、処方箋なしで購入することになる、しかも薬剤師などからの服薬指導を受けることができませんので、薬機のルールでは違法に値します。

通販で買うことができる医薬品は、海外から仕入れているもので輸入品です。輸入薬は厚生労働省が認可をしていなければ輸入販売はできません。個人輸入代行店で売っている様々な薬の多くは認可が下りていないものですので、本来ならば輸入を行い販売することも法律上違反する形になります。輸入と一口で言っても海外から大量に商品を仕入れ、倉庫などで保管しながら販売を目的とするもの、個人輸入などのように必要最小限のものを自ら輸入して利用する2つがあります。医薬品の輸入は認可薬であれば可能ですが、非承認薬は基本的に輸入販売ができない、しかし個人輸入であれば許されているなどの特徴があります。ただ、個人輸入は素人ができるものではない、そのため個人輸入を代行して貰える個人輸入代行業者の需要が増えているのです。

フィナステリドは、プロペシアの主成分として知られている医薬品ですが、この薬は5α-還元酵素II型阻害薬と呼ばれているもので、毛周期を狂わせて脱毛を促すジヒドロテストステロンへの抑制作用を持つものです。ジヒドロテストステロンは元々ある男性ホルモンでなく、5α-還元酵素がテストステロンと結び付き変換されることで作り出される強制脱毛ホルモンです。こうしたホルモンに変換されないようにするために開発されたものがフィナステリドであり、5α-還元酵素Ⅱ型阻害薬です。ちなみに、5α-還元酵素にはI型とⅡ型の2種類があるのですが、フィナステリドはⅡ型のみ作用するもので1型への作用は期待ができない、このように言われています。そのため、遺伝子検査および血液検査を専門クリニックで受診する、診断結果に基づきプロペシアの処方が行われる流れになります。

プロペシアは男性型脱毛症の治療薬として知名度を集めていますが、女性特有の薄毛にはFAGAと呼ぶ女性男性型脱毛症があり、男性型脱毛症と同じく遺伝子による薄毛や5α-還元酵素がテストステロンと結び付いて強制脱毛ホルモンに変換されるなど、薄毛にメカニズムは同じと言います。そのため、プロペシアを服用することで酵素を阻害できるので、治療に利用ができるイメージもあるかと思われますが、女性がフィナステリドを含むプロペシアやその他のジェネリック医薬品を使うことは推奨されていません。

特に妊婦や妊娠している可能性がある女性が服用すると、奇形児が生まれるリスクが高いと言われており、病院での処方が行われてないのです。フィナステリドを有効成分にしているプロペシアなどの医薬品は男性型脱毛症においての効果はあるものの、女性への効果はないこと重大な副作用が生じるなどからも通販店で購入して使用しないようにしてください。尚、フィナステリドは皮膚呼吸で吸収される特性があるので、錠剤を割ったものを触れるなどはしないこと、特に妊婦さんは注意が必要です。奇形児が生まれるリスクが高い理由にはフィナステリドの副作用の一つでもある、生殖機能の異常が胎児に悪影響を及ぼすためだと言います。